サーフボードインプレッション


スモールウェーブ用フルオーダーサーフボード(サーフボードサイズ・エアブラシ・フィンシステム・カーボンパッチ等)

プロフェッショナルなスタッフがあなたのファーストステップ&ステップアップをサポートします

 

 

183cmのEPS(3D クロス仕様)のボードについて   by Yoshio Abekawa

EPSボード(飯尾シェイプ)

ディメンション:183cmx49cmx6.0cm

テール:スカッシュ

グラッシング:(デッキ)3Dクロス+4oz./(ボトム)6oz.×1

特徴:ボトムに6オンスと、デッキのパッチに3Dクロスを使用したことにより、手で持った時、重さを感じ(ノーマル、ボードと同じぐらいの重さ)ましたが、

テイクオフは、ノーマルボードと同じで、いままでのEPSの浮力から生じる特有の止まる感じがなくなりました。また、ライディングに入るとEPS特有の軽さを感じました。

オフショワでも問題ありません。

次回のボードでは、グラッシングを(デッキ)3D+4oz./(ボトム)4oz.×1で軽くし、ノーズ幅を今より少し狭く、ノーズロッカーも少し抑え、

ノーズあたりのボトムコンケーブは少し深め、テールエリア幅、ロッカーは、そのままで、トップでの反応をもっとよくしたいと思っています。

またノーズ幅を落とすので、6.1cm〜6.2cmの厚みを考えています。


Hydoro pro  6'0"(183cm)ラウンドスカッシュテール

日本用にテストと考え、スモールサイズの波を、ターゲットにしました。(ベルジーランドポイント等)

浮力は2 1/4(5.7cm)幅18 9/16(47cm),ノーズ幅はやや狭目にし、ワイドポイントは5cm(back)で波のサイズは腰、胸でサーフし、フィンは、前側はM5フィン、バックフィンは少し幅狭く、高さも少し抑えたものを設定。ロッカー、ノーズ幅、フィンのチューニングにより、ターンの切り返しの反応は良かったです。リーフなので、ライディング中の引きの潮(リーフで波が崩れる時にできる流れ)によりボトム全体を使ってターンをするイメージだと、その流れに負けてしまい、失速や、パーリングの原因の一つとなる可能性が出てしまう。両方のレールを強く意識して、ターンするほうが、より早く、スムースにラジカルに波のポケット(力のあるところ)に入れました。その意識により最終テール幅は問題なかったです。(日本用にやや広めに設定)バックフィンは、パワーのある波なら、ノーマルでいいかと思います。また、冬を考えると、ロッカー、波の力などを考えれば、日本に於いては、ロッカーは抑え、厚さも少し出したほうがいいかなとも思います。(ウエットを着れば70〜kgになるのかな、、、、自分は現在68kg)

阿部川芳夫

’10”(208cm)ラウンド、ピンテイル、、ハレイワ、ポイントをメインに考え、ポイント独特の強いカレントに対抗するため

幅と厚みを出し、長さは、動きをよくするため、少し抑えました。(6−8−10フイ-トをターゲット)今回、8フイ‐トアベレージが続き、

ラッキーにもウエスト(西寄りのウネリ)が強く、カレントも少なく、テストできました。厚さは、カレントが弱かったためもう少し、お

としても良かったかも、、、、(ただ、自然相手なので、なんとも言えません、今回はカレントが弱かった、だけですから、、、)ノーズ、

テールロッカーが少し強く、波のフラットの面にはてこずりましたが、掘れ上がる面には、軸足がテール寄りに乗れ、それにより、軽く、

よく反応していました。フラット面が多い波にはもう少し、全体的にコントロールし易いように ロッカーを、抑えてもよいかなと感じま

した。気に入ってるボードの1本でしたが、2回折れてしまい、使用できなくなりました。

今回は、波が大きい日が続き、ボードが折れて、足りなくなり40年通い、初めて、ボード無しで帰りましたが、いい波にあたり、いつも

新しい発見があり、日々是新です。


SPIDER SURFBOARD

2013年使用ハワイサンセット用ガンボード


SPIDER SURFBOARD   A-2model     

DIGさん 34歳   身長168a 体重66` 

 

 A-2model ボードスペック5'10" 18 1/2" 2 1/4"  乗った感想は、よく走るそしてトップアクション時にぬける感じ?とても良いです。 

 大磯のヒザ波でもよく走りました。  新島シークレットの胸サイズでテストしましたが調子よくサーフィンが上手くなったように感じました。 

 私がA-2に乗るのは、2本目なんですが前回のボードより長さを1インチ短く  ノーズ幅1a広くオーダーしました、

前回オーダーしたボードも良かったんですが  今回のボードの方が自分にはシックリきました。

 


ドミンゴサーフボードでは、サーフィン・サーフボードの技術的相談から

海でのマナー等の相談まで下記のアドバイザーがお答えいたします。

 

ドミンゴサーフボード代表

 阿部川 芳夫

大磯店長

 

JPSA 公認プロサーファー 

山口 徳好

茅ヶ崎店長

 

   トップに戻る